エレアースEMI 51ac

◆製品概要
  • 優れた導電性とコストの両立。
    非常に優れた導電性とシールド特性を持つ銀、コストパフォーマンスの高い銅、それぞれの利点を生かした「銀+銅ハイブリッド導電材」をオリジナルの製造工程により分散。完成塗膜は高いシールド特性を実現します。
◆特長
  • 優れたシールド力
    「EMI 51ac」は優れた導電性を持ち、高温あるいは低温の環境、また高低温の繰り返しにさらされても導電性能を著しく低下させることなく、シールド力を持続します。
  • シンプルな作業性
    「EMI 51ac」はアクリル樹脂系、1液常温乾燥タイプの塗料です。主剤、硬化剤を用いる2液硬化タイプのような難しさや、わずらわしさはありません。量産の場合は60℃〜80℃下において強制乾燥する事も可能です。
  • 保存安定性
    「EMI 51ac」は従来電磁波シールド塗料にみられた、導電材沈降による固形化の対策を施しました。在庫期間中に(※)導電材が沈降した場合でも、使用前の攪拌により塗料性状を復元することができます。
    ※ただし使用期限は出荷日より3ヶ月
◆組成
アクリル系樹脂、有機溶剤、導電材(銀銅系)、添加剤
◆用途
樹脂成型品(ABS、PC等)の電磁波シールドなど
◆使用方法
  1. 攪拌
    導電材等が沈降している場合がありますので、ご使用前に十分攪拌して下さい。
  2. 希釈・混合
    塗料に対し5〜20% 重量比にて希釈・混合して下さい。
    希釈はThinner 1300をご使用ください。
  3. 乾燥
    ・指触乾燥    25℃×10分
    ・強制乾燥    60℃〜80℃×30分
  4. 膜厚
    標準膜厚25±5μ
◆品質性能
試験項目 試験方法 社内規格
鉛筆硬度 鉛筆硬度試験機使用  三菱ユニ
F≦
付着性 アクリル板(三菱アクリライト)(脱脂処理)
100/100
ABS板(脱脂処理)
100/100
導電性 2端子法 (極間10mm)
1.0Ω≧
抵抗値 三菱アナリテック4端針法
7.0x10-2Ω≧
表面抵抗値 三菱アナリテック4端針法
3.0 x10-1Ω/□≧
体積抵抗率 三菱アナリテック4端針法
7.0 x10-4Ω・cm≧
耐アルコール性 IPAラビング 500g荷重
下地露出までの往復回数
50回≦
耐水性 純水(常温)に7日間浸漬後、24時間常温放置 外観目視
異状なし
二次付着性
100/100
表面抵抗値
1.0Ω≧
耐湿性 50℃×98%に7日間後、24時間常温放置 外観目視
異状なし
二次付着性
100/100
表面抵抗値
1.0Ω≧
耐熱性 90℃×4日間後、24時間常温放置 外観目視
異状なし
二次付着性
100/100
表面抵抗値
1.0Ω≧
◆容量
・EMI 51ac
 18kg  4kg
・Thinner 1300 S(夏型) W(冬型)
 16ℓ  3.8ℓ
◆カタログのダウンロードはこちら
◆製品安全データシート(MSDS)のダウンロードはこちら
ウィンドウを閉じる